知っておきたい正社員登用の注意点と成功させる手段

正社員として雇用されるには…

2017/07/20

正社員登用制度を狙う際の注意点は?

[`evernote` not found]
Pocket

正社員採用より厳しい

正社員登用制度は、非正規社員を正社員として雇用するための制度です。ただし、企業によって登用条件に違いがあります。従って、必ず正社員になれるということではありません。大体の企業が、基準としているのは、正社員よりも優秀な働きをしたかどうかです。正社員より優れた仕事をし、その成果を認めてもらう必要があるのです。契約社員だからといったような気持ちで仕事をしていると、正社員登用制度の対象にはならないでしょう。このような実状から言えるのは、学歴や面接時の印象などで採用が決まる一般の正社員採用よりも難易度が高いということです。

正社員採用より厳しい

なにより大切なのは信頼感

与えられた仕事をコツコツとこなし、職務面での登用基準を満たしていた。ところが、職場内での人間関係を上手く作れていなかった場合は、登用が見送られる可能性があります。なぜならば、良好な人間関係から生まれる信頼感が重要視されるからです。
職場の仲間や上司ともコミュニケーションを取って、お互いを知ることから信頼関係ができあがります。そして、きちんとした仕事の積み重ねからも信頼感が生まれます。これは、正社員雇用への土台作りとなるでしょう。「安心して任せられる」という信頼感はなにより重要です。
職場内でスムーズなコミュニケーションをしていたとしても、場合によっては問題がおこります。正社員登用制度には、ある程度の人数制限があります。その狭き門をめぐって、社員同士の摩擦や不調和を生みだす可能性もあるのです。根も葉もない噂を立てられたり、仕事の邪魔をされたりと、信頼感喪失や仕事の成績への影響がでかねません。仕事の成果以外のところでも、さまざまな注意が必要になります。

なにより大切なのは信頼感

制度を悪用している企業がある

正社員登用制度があると求人情報に載せているにも関わらず、実際に登用した実績がない企業もあります。正社員登用に適する方がおらず、実績がない企業かもしれません。ところが、この制度を利用した悪質な企業があることも事実です。
正社員登用制度ありと説明しながら、本当は正社員としての雇用は考えておらず、非正規社員のまま働かせようと企んでいる企業もあります。正社員登用制度を人材確保のための手段にしているのです。
非正規社員は、低い給料で雇い入れることができます。そして、企業が背負う責任も少ないため、ある意味では、都合の良い雇用形態とも言えるからです。優秀な人材を非正規雇用の状態で雇い続けるために、この制度の名前だけを利用している悪質な企業に引っ掛からないように、見抜く方法を知っておくことも大切です。

制度を悪用している企業がある

正社員登用制度の実態を確認する

正社員登用制度を悪用している企業や、求人情報に「制度あり」の記載がある企業に対して、実状を確認できる方法があります。それは、人事採用担当者に、直接問い合わせることです。
正社員として雇用してもらいたいと考えていることを伝えます。その上で、「正社員登用制度の利用をして正社員になった人がいるのか」「どのような基準で登用の有無が決まるのか」「採用試験はあるのか、あるのならばどのような試験なのか」などを聞きます。その企業で、将来のことを考えているという意欲的な姿勢のアピールにもなります。これらの質問に対して、嫌悪感のある態度を取ったり、答えをにごしたり、困惑しているようでしたら、この制度を悪用または実績を持たない可能性があります。
また、自分で確認しても企業側が、本当のことを隠すこともあります。その場合は、転職サイトなど、第三者機関の情報を使って確認しましょう。

正社員登用制度の実態を確認する
正社員になるために

現在は、正社員として働き、日々充実した生活を過ごしている私。以前は、契約社員としてさまざまな仕事を経験してきました。その流れのなかで、結果として契約社員から正社員への登用をされました。その経験から得た知識を基に、正社員になるために必要な情報を色々紹介していきます。【お問い合わせ先】

契約社員から正社員へ契約社員から正社員へ。なかなか難しいのではないかと思われがちです。ところが、私はその体現者なのです。契約社員として色々な経験をしました。そして、契約社員から正社員へと登用されたのです。この経験から得た情報や知識を、正社員を目指す方の参考にしていただける内容としてまとめて紹介します。