介護職は社会貢献できる仕事で正社員になりやすい職種

正社員として雇用されるには…

2017/07/25

社会に貢献できる介護職!

[`evernote` not found]
Pocket

介護職の現場

高齢化が進んでいる昨今、社会貢献度の高い仕事と言えば介護職です。仕事内容は、施設によっても対応はさまざまです。専門知識が求められる場合や、仕事の難しさも業務によって異なります。基本的には、老人ホームや介護施設などの現場で、利用者の方の生活補助をすることが主な仕事です。利用者の方に合わせた細かいスケジュールによって、仕事内容が決まります。
施設には、色々なタイプがあります。入所型で24時間体制の老人ホームやグループホーム、日帰りで利用できるデイサービスやデイケアなどが受けられる、小規模な施設も勤務先としてあります。また特別養護老人ホームで働く場合は、24時間勤務の交替制になります。24時間体制の施設の場合は、夜勤をする可能性があります。利用者の方が日常生活を送るなかで、自分ではできない部分をサポートすることを目的としている場所になります。

介護職の現場

介護の仕事内容

利用者の方の日常生活のサポートには、さまざまな種類の業務があります。入浴介助では、水温や着替え時の室温管理。滑りやすい場所のため、転倒にも気を付けます。この介助は、介護職のなかでも比較的に体力が必要な仕事です。大変ではありますが、利用者の方の笑顔にやりがいを感じられる瞬間があるのです。
双方に負担の大きい排せつ介助では、タイミングや回数に個人差があるために細かい確認が必要です。この介助自体がストレスになることもあり、信頼関係が重要です。精神的な負担軽減に努めましょう。デリケートな部分なので、利用者の方の気持ちをくむことも大切です。食事の際は、利用者の方それぞれのできないレベルに合わせた対応をします。自分で食事ができる喜びは、食欲増進につながります。最後の口腔ケアまで、しっかりと介助を行います。さらにレクリエーションでは、身体機能の回復になる催しなどを行います。利用者の方全員が楽しめるように、工作活動や合唱、道具を使ったゲームなどの内容を考えます。
ベッドから車椅子などへ乗り移る補助や、歩行が困難な場合も介助を行います。そして、就寝時の対応も利用者の方に合わせたサポートが必要です。パジャマへの着替えなどが1人では難しい場合は、介助します。このように、日常生活をする上で大切な行動の介護全般を行います。

介護の仕事内容

介護職の資格

施設で利用者の方が、日常生活に困らない程度の生活補助をすることが介護職です。実は、介護職は、資格がなくても就職することは可能なのです。ただし、資格がある方とはできる介助の内容に違いがあります。
そして、施設によっては「ホームヘルパー2級」以上が必要な場合も多くあります。さらに「介護福祉士」の資格があれば、より採用されやすいのが現状です。未経験からでも働くことができ、経験を積めば正社員への雇用も期待できる職種なのです。

介護職の資格
正社員になるために

現在は、正社員として働き、日々充実した生活を過ごしている私。以前は、契約社員としてさまざまな仕事を経験してきました。その流れのなかで、結果として契約社員から正社員への登用をされました。その経験から得た知識を基に、正社員になるために必要な情報を色々紹介していきます。【お問い合わせ先】

契約社員から正社員へ契約社員から正社員へ。なかなか難しいのではないかと思われがちです。ところが、私はその体現者なのです。契約社員として色々な経験をしました。そして、契約社員から正社員へと登用されたのです。この経験から得た情報や知識を、正社員を目指す方の参考にしていただける内容としてまとめて紹介します。