さまざまなスキルが身に付く飲食店店員は正社員になりやすい

正社員として雇用されるには…

2017/07/30

あらゆるスキルが身につく飲食店店員!

[`evernote` not found]
Pocket

飲食店の仕事内容

レストランなど飲食店は、私たちにとってはとても身近な存在です。飲食店での接客方法には、料理の種類や価格、サービスによって、それぞれに異なる場合があります。たとえば、フランス料理店と日本料理店では、食事のマナーに違いがあるので接客やサービスの仕方も違ってきます。各々の飲食店で行われるサービスは、食事の時間を楽しくする演出となり、食事をより引き立ててくれます。
また、飲食店では衛生面も重要です。食べ物を口にする場所だからこそ、特に気を配らなければいけません。そして、接客時は、笑顔と明るい対応が求められます。お客さまに気持ち良く食事をしていただくための大切な心遣いです。
このように、飲食店での仕事を一定期間経験すれば、さまざまなスキルが得られます。おいしい料理を提供し、充実した時間を過ごしていただくための空間を作り上げることが大切です。

飲食店の仕事内容

一般的な店舗業務

ホールスタッフの主な仕事は、オーダーを取り、配膳を行います。そして、食事の終わった食器などを片付けます。また、レジ対応も仕事に含まれます。キッチンでデザートなど軽食を作る仕事や簡単な調理の手伝い、清掃を任される場合もあります。そして、接客の対応次第で店舗の印象が大きく変わる、大切なファーストコンタクト役です。重要な役割になりますから、いつでも明るい対応が必要になります。
高級店での接客業務は、お店の信用度につながります。そのため、スタッフの指導に関しては、厳しく行われることもあります。ここで覚えたマナーや作法は、自分のスキルとして得ることができます。最初はミスが続きますが、経験を積むことで必ずスキルアップにつながります。1つずつ乗り越えるうちに、立ち居振る舞いや接客マナーに自信が付きます。他の店舗で働くことになっても、心配する必要がなくなるでしょう。
ホールスタッフとして覚えることは多くありますが、日々業務に前向きであれば、自然と慣れて余裕も生まれます。そして、コミュニケーション能力も発揮しましょう。仕事にやりがいを見つけられる瞬間でもあります。
一方、キッチンスタッフは調理をする仕事です。キッチンの経験が少ない場合は、アシスタントとして仕事をスタートします。食器洗いや後片付けを経験して、キッチン業務の把握ができ始めると、調理も次第に任せてもらえます。そして、プロになる夢がある場合は、独立という選択肢もあります。独自のスタイルで、自分の力を試すこともできます。
大手ファミリーレストランやチェーン店には、詳細なマニュアルもあり、未経験でも働きやすい職種と言えます。

一般的な店舗業務

ファーストフード店の仕事

ファーストフード店では、大体の店舗にマニュアルが準備してあります。マニュアルをベースにして仕事をスタートできるので、未経験者でも安心して働けます。雇用されている人員が多く、仕事内容も細かく決められています。そのため、自己都合に合わせたスケジューリングができるので、人気の仕事です。
ファーストフード店の特徴とも言えるのが、商品を渡すまでの提供時間が短いこと。素早い接客対応が必要です。注文の間違いがあってはいけませんから、注文の聞き取りや商品の提供の正確さも重要になります。スキルアップすれば待遇が良くなることもあります。正社員にもなれる可能性の高い職種となり、働く側のモチベーションのアップにもつながります。

ファーストフード店の仕事
正社員になるために

現在は、正社員として働き、日々充実した生活を過ごしている私。以前は、契約社員としてさまざまな仕事を経験してきました。その流れのなかで、結果として契約社員から正社員への登用をされました。その経験から得た知識を基に、正社員になるために必要な情報を色々紹介していきます。【お問い合わせ先】

契約社員から正社員へ契約社員から正社員へ。なかなか難しいのではないかと思われがちです。ところが、私はその体現者なのです。契約社員として色々な経験をしました。そして、契約社員から正社員へと登用されたのです。この経験から得た情報や知識を、正社員を目指す方の参考にしていただける内容としてまとめて紹介します。